インターネットするならWimaxがとにかく便利で楽!

家電量販店でもたびたび見る機会がある『wimax』ですが、一体何なのかご存知ですか?
wimaxとは、ワイヤレスでインターネット通信が出来るサービスの名称です。
wimaxルーターと呼ばれる機械を持つことで、いつでもどこでも気軽にインターネット接続が可能になるんです。
例えばこんな経験はありませんか?
地下鉄に乗ったら、iPhoneの電波が入らなくてネットサーフィンが出来ない…。
せっかくノートパソコンを買ったのだから、家以外でもインターネットが出来るようにしたい…。
こんな悩みも一発解決です。
しかもパソコンやiPhoneだけでなく、ゲーム機・スマホなど、無線で繋ぐ事が出来る機械であれば複数台の接続が可能。
何かと忙しい現代人にはうってつけのインターネットサービスです。
現時点での通信方式大きく分けるとLTEとwimaxに分けることができますが、これらの違いは概ね、以下のような感じです。
LTEはそれがメインの通信方式であるため、基本契約として3G通信契約の代わりにLTE契約用のプランを契約することが必須となります。
それに対して、wimaxは基本的に3G通信の契約があり、その上でwimaxをオプションで使えるという形になる。
このため、基本料金にプラスして利用料を支払う必要があります。現時点では概ね525円と言った具合です。
次は通信量の制限。
現時点ではドコモのLTE利用に際し、月間のデータ通信量が7GBを超えた場合、通信速度を大幅にに制限するとして、制限を解除するには追加料金が必要となります。
それに対し、wimaxでは制限がなく使い放題になっています。
通勤環境はLTEに比べ、室内、家内での電波受信に若干難があるため、家内での通信が多少弱い。
ただ3G回線があるため通信できなくなることはないけれどどんな時でも高速通信ができるわけでない点は考慮するてんでしょう。

 

無線だから煩雑な配線なし、さらに利用制限なしの使い放題で高速インターネットが楽しめる「WiMAX」。
外出先でのインターネット環境にはもちろん、ご家庭でのインターネット環境としても定着しつつあるサービスです。
利用料金の値下げに加えて、端末も最新機種がいきなり数百円に値下げされたり、
通信プランとの組み合わせで無料になったりと、激しい価格競争が繰り返されています。
通信プラン選びのポイントは、「年間契約や2年契約ができる状況か(途中で契約を変える可能性はないか)」、
「ルーターは何台欲しいか(自宅用、家族用もまとめて契約すれば安くなる場合も)」、
「自分の希望がキャンペーンの条件に合っているか」といったところ。
最安値の月額料金そのものはほぼ変わらないので、各社の条件をよく吟味するといいでしょう。

 

「WiMAX」という語句は知っていても、正確な知識をもっている方は案外少ないようです。最近ではマスコミでも、このWiMAXというキーワードが頻出するようになりました。
高速モバイル通信とは、インターネットを、外出先や戸外でも自由にパソコンを用いて利用する仕組みのことですね。ADSLや光ファイバーなどの「有線」を利用するのではなく、携帯電話と同じような「無線」による通信を、データ通信カード等の通信端末を用いて行う仕組みのことです。
さてそれでは、そもそもこの「WiMAX」とはどういうものなのでしょうか?
「WiMAX」をひと言で表現すれば、「より高性能な高速モバイル通信」と言えるでしょう。
より高性能の意味するところは、通信速度において飛躍的に速くなったということです。
というのも、従来の高速モバイル通信では、大容量のデータを高速でやりとりする点にやや弱みがありました。
今、人気の高速モバイル通信(モバイル・インターネット)です。
Wimax(ワイマックス)、イー・モバイル、FOMAなどの競争がありますが、わたしの場合は、Wimaxに決めました。

どの会社ともおのおの「データ通信カード」というものをパソコンに差し込み、インターネットに接続します。データ通信カードは、こんな形をしています。

 

Wimaxやイーモバイル、FOMA ほんとにつながるか?比較もしたいし
高速モバイル・インターネット通信、いつでもどこでもインターネットが使えて便利なのは分かるけど、何だか不安だったんです。

いざ、戸外のどこでもネットが利用できるとなったら、ノートPCを使う場所は、いろんなところが想定できます。

出張中の移動車中や、得意先でのプレゼンの場や、プライベートでは、女房の実家(すごい山奥なんです)や、公園でのこっそりネット閲覧などなど、いろんな用途が広がります。

果たしてそんなときにも、その高速モバイル・インターネット通信がうまく無線でつながってくれるのかどうか。

各通信事業者の公表する数値は、どれも一定の良い環境状態での基準値を示している、そのことをパソ通の友人が教えてくれたのでした。

だから、実際自分がパソコンを使う場所で試さないと正確な使い心地は分らないのです。

実際自分が使う場所で、インターネットを試したい。それにどれが最も自分にふさわしいのか比較したい。…これって、ごく自然なユーザーの心情ですよね。

ほんの短期間でいいから、有力3社、Wimax(ワイマックス)・イーモバイル・FOMA のモバイル・インターネットを比較お試ししてみたい。まさにそこにドンピシャでミートするサービスがあったのです。

 

Wimax・イーモバイル・FOMA 実際の比較、評判は?

パソ通の友人いわくですが、高速モバイル・インターネット通信を比較する、
といっても漫然と比較してはいけないよ。・・・とのことでした。それでは、どんなふうに比較したらいいのか。

友人は、わかりやすく3つのポイントを基準にした方がいいよ、と教えてくれました。

ひとつは、料金。
ひとつは、スピード。
ひとつは、エリア。

エリアとは、無線インターネットの通信が可能な領域のことです。おのおのの通信事業者の守備範囲に違いがあります。
通信可能エリア外の地域に住んでるのに、うっかりそのデータ通信カードを購入したら大変です。
契約後の解約には違約金があるから、ここにも、事前にお試しで使ってみる理由があるわけですね。

コメントを残してください。 現在のコメント数:コメントはまだありません

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

投稿者: ad-partner  カテゴリ:   タグ:   投稿日時: 2013/11/25 at 5:40 AM
  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • メタ情報