レンタルサーバ

Zenlogic:ドメイン設定でDNSを作成しない方法

投稿日:

Zenlogicファーストサーバ

レンタルサーバのZenlojic(旧ファーストサーバ)だが、DNSを自分で設定する仕様になっていてメチャ不便である。
しかもゾーン設定について最低限の知識も必要になる。
WWWありで見せる、無しで見せる。
SSL, httpsも無料で設定できるので機能的にはよいのだが、設定が面倒でわかりにくい。

それとなんといってもFTPが馬鹿遅くて話にならない。
Wordpressで使途を運用しているが、それもぎりぎりのスピードかなあ。でもFTPする静的サイトよりはずっとマシ。

なにより、DNS作成というのはわかりにくいので、それを避ける方法をメモしておく。
ドメインはバリュードメインで管理しているので、そっちでDNSレコードを設定する、ただそれだけのこと。
ZenlogicサーバのIPアドレスさえわかればいいので、今後はそうしようと思う。
----------------------------------------
Zenlogicの設定
・ファーストサーバZenlogicのカスタマーポータル>ドメイン設定>ドメイン設定追加。
ドメイン名取得状況:●他社レジストラで取得したドメイン名
対象ドメイン名  :今回のドメイン名入力
DNSゾーン    :●作成しない
WEB機能    :●利用する
メール機能    :●利用する

Zenlogicの設定 その2
「www.ドメイン名」設定も使えないといけないので「ドメイン設定追加」でwwwを設定します。
ドメイン名取得状況:●他社レジストラで取得したドメイン名
対象ドメイン名  :www.ドメイン名
DNSゾーン    :●作成しない
WEB機能    :●利用する
メール機能    :○利用しない

サブドメインの設定はwwwをwww2など、異なる名称にすればよい。

Zenlogic(ファーストサーバ)ではDNS作成が6件までで、それ以上はオプション(有料)になるので、レジストラ側でDNS設定してしまった方がいいと思う。

-レンタルサーバ

Copyright© 還暦過ぎてもネットで稼ぐ男のメモ , 2018 All Rights Reserved.